So-net無料ブログ作成
検索選択

『書けない子をなくす作文指導10のコツ』 [書籍]


書けない子をなくす作文指導10のコツ (ネットワーク双書)

書けない子をなくす作文指導10のコツ (ネットワーク双書)

  • 作者: 上條 晴夫
  • 出版社/メーカー: 学事出版
  • 発売日: 1993/01
  • メディア: 単行本


『見たこと作文でふしぎ発見』(学事出版)の著者、上條晴夫さんは、本書を「従来の作文技術について、『見たこと作文』の観点から見直しを行ったもの」と位置づけています。(「『見たこと作文』のすすめ」『見たこと作文「実践ネタ集」』学事出版)そこで、「見たこと作文」を意識しながら、本書を見ていきましょう。

大内善一さんも『「見たこと作文」の徹底研究』(学事出版)の〈指導技術論〉に関連して本書を取り上げ、「『規模』と『時間』の指示は、作文活動に集中を生み出す」という結論を導き出しています。

まず、「規模」について、上條さんは次のように述べています。

 規模というのは、字数・行数・ページ数などの数量で示すことのできる大きさである。
 作文の指導を考える時、すごく大事な指示である。

  (1)二〇〇字で書きなさい。
  (2)四〇〇字で書きなさい。
  (3)原稿用紙三枚です。

このような指導に対して、大内さんは「見たこと作文」は「書く活動の大半が家庭での作業になる」ため、「『規模』の指示を出すことはほとんどない」と言います。しかし、その基本となる指導を国語科作文の時間に行うときには、「『規模』の指示を徹底していくことが大切」と指摘しています。なぜなら、上條さんは「眼前の子供の作文活動の実態を的確に把握することから、子供の作文活動の『規模』に最も適切な『規模』を取り出した」からです。このような、いわば<下からの発想>が「見たこと作文」にも活かされているというのです。

ところで、大内さんは「規模」についての考察を中心に行っているため、「時間」については軽く触れられているだけになっています。そこで、本書から「時間の指示をする」についての記述を引用してみましょう。

 走ることを、子どもたちに指示するとしよう。
 五〇メートルを走るのか、一〇〇〇メートルを走るのか。
 指示しない教師がいるだろうか。走りだす前に、五〇なのか、一〇〇〇なのか。必ず、指示を出すはずである。
 五〇メートルを走るのと、一〇〇〇メートルを走るのでは、自ずと、その走り方が変わってくるからだ。
 走り方は、おそらく、スタートする時点から、違っているはずである。
 だから、走りだす前に、走る距離について、指示をする。
 走るほうにしてみれば、五〇メートルのつもりで走りだしたのに、一〇〇〇メートルになって、ようやく、「じゃ、そこまで」と言われたら、かなわない。
 一〇〇〇メートルのつもりの者にとっても、いつ「じゃ、そこまで」がかかるか分からないので、気が気ではない。
 だから、私のクラスでは、作文を書く前、ほとんどの場合、時間の指示をしていた。

「一人で書く時」は「自分のペースで書いていい」が、「教室での一斉指導」では「時間を指示して書かせる必要も出てくる」と上條さんは言います。そして、「三分」「五分」「十〜三十分」「二時間」といった時間の指示ごとに、そのときの指導のエピソードが語られています。

この部分を読んで思い出すのが「マッキーノ」です。牧野英一さんが提唱したビンゴの改良版ですが、「『教科書用語ビンゴ』のすすめ」(『教室の定番ゲーム』仮説社)に、徒競走のたとえが出てきます。「何枚発表したら終わりにするか」を先生が決めていた従来のビンゴは、「陸上競技でいえば、100m走か200m走かを選手に言わずに、選手が走っている途中で審判が雰囲気でどちらかに決めているようなもの」と牧野さんは言います。

上條さんの作文と牧野さんのビンゴ、活動の内容は違いますが、どちらも活動に取り組む学習者の視点で発想している点は共通しています。このような<下からの発想>ができるかどうか、作文に限らず、授業づくりの重要なポイントだと思われます。

なお、本書は『書けない子をなくす作文指導のコツとネタ』(学事出版)として再刊されています。

まえがき
Ⅰ 作文指導は「指示」が命だ!
 1 書き出しを指示する
 2 ハテナの文の指示をする
 3 規模の指示をする
 4 時間の指示をする
 5 文題の指示をする
Ⅱ 作文指導は「ワザ」が命だ!
 1 書式の指導をする
 2 順序の指導をする
 3 引用の指導をする
 4 キーワードを指導する
 5 レトリックを指導する
Ⅲ 作文指導は「読み」が命だ!
 1 生活作文を読む
 2 授業感想文を読む
 3 評論文を読む
 4 見たこと作文を読む
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学校

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。