So-net無料ブログ作成
検索選択

こすって、うつして [雑誌]

私が編集に関わっている学事出版雑誌『授業づくりネットワーク』「あすの授業」コーナーの原稿を、私なりの視点で検討していきます。
※参考:佐内信之「新しい授業レポートの誕生 『あすの授業』を中心に」『授業づくりネットワーク』2007年3月号

『授業づくりネットワーク』2011年3月号
図工(小1)/西塔枝里 こすって、うつして

「授業のへそ」を引用します。

 身の回りにある凹凸がついた物に、紙を当ててクレヨンでこすると模様ができる。こする作業を楽しみながら、物の素材や感触の違い、できる模様の面白さについて気づくことができる。

ここには二つのことが書いてあります。「紙を当ててクレヨンでこする」こと、「物の素材や感触の違い、できる模様の面白さについて気づく」ことの二つです。

前者については、次の枠囲みで説明されています。

(1)教室の中で、でこぼこを見つけたら紙を当ててクレヨンでこする。
(2)でこぼこは、それぞれ違う色のクレヨンでこすること。
(3)こするときは、クレヨンを寝かせるようにして持ち、同じ方向にすきまなくこすること。
(4)教室で探し終わったら、みんなで外へ行って探す。

この手順を読めば、紙とクレヨンの使い方、活動場所の移し方が分かります。

後者については、「振り返る」場面において、次のように描写されています。

 教室に戻り、紙を見ながら振り返りをする。
『今日はどんな模様を見つけましたか』
テレビスピーカーのところが、てんてんになっていました」
「道路がブツブツした模様になってたよ」
「板をこすったら目玉みたいのが出てきたよ」

子どもたちの発言を見ると、「物の素材」「感触の違い」「模様の面白さ」の気づきが伝わってきます。これは偶然ではなく、西塔さんが意図的に会話を選んだのでしょう。

「授業のへそ」を支える形で、活動の説明(システム)と描写(エピソード)が示されている構造のため、分かりやすい原稿になっていると言えるでしょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。