So-net無料ブログ作成
検索選択

残り3ヶ月!大切にしたいことは [雑誌]

私が編集に関わっている学事出版雑誌『授業づくりネットワーク』「あすの授業」コーナーの原稿を、私なりの視点で検討していきます。
※参考:佐内信之「新しい授業レポートの誕生 『あすの授業』を中心に」『授業づくりネットワーク』2007年3月号

『授業づくりネットワーク』2011年2月号
学級活動(小4)/片野靖久 残り3ヶ月!大切にしたいことは

「授業のへそ」を引用します。

 三学期が始まってすぐ、残りわずかな学級生活一日一日を充実させるために、みんなで大切にしていきたいことを共有する活動を行う。
 そこで、「ダイヤモンドランキング」の手法を組み込むことによって、児童が集団の一員として、所属感を高めることができる。

ポイントは「ダイヤモンドランキング」です。次の手順が枠囲みされています。

(1)一位は一個、二位は二個、三位は三個、四位は二個、五位は一個というように、ダイヤモンドの形のように付箋を貼り付け、ランキングをつけていく。
(2)なぜ、この順序にしたのか理由を考える。

実際の原稿には、9枚の付箋がダイヤモンドの形のように貼り付けられている様子が図示されています。この図については、本実践のオリジナルである、森竹高裕さんの「もっといいクラスにするために大切にしたいこと〜ダイヤモンドランキングの手法を使って〜」にも載っていますので、参照していただければと思います。

なお、森竹さんの実践では「個人の中でランキング」を作った後に、「班の4人で相談して、班のランキング」を作っています。片野さんは「個人」では行わず、すぐに「小グループ」でランキングを作っています。この違いは重要ですので、手順の枠囲みの中に「小グループ」を明示した方が良かったと思われます。

その代わりに、片野さんは「理由を考える」点を強調しています。そのため、各グループの発表では、次のような意見が出されています。

 「私たちのグループでは、みんなで頑張っている8の字跳びを成功させたいので、『できることは最後までやり通す』を一位にしました」
 「ぼくたちのグループは同じ8の字跳びでも、『失敗してしまった人の気持ちを考える』が大切なのではないかと思い一位にしました」

このエピソードから、同じ理由でもランキングが違ってくることが分かります。

そうすると、逆に、同じランキングでも理由が違う場合もあるはずです。「個人」ではなく「小グループ」でランキングを行っても、そのような「理由」の違いが現れたのかどうか、片野さんの実践記録には明示されていません。オリジナル実践から変更した「小グループ」と「理由」に大きく関わる部分ですので、この点のエピソードが詳しく書けると良かったのではないでしょうか。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

体育館の「舞台」から転げ落ちよ!〜「頭はね跳び」の導入〜 [雑誌]

私が編集に関わっている学事出版雑誌『授業づくりネットワーク』「あすの授業」コーナーの原稿を、私なりの視点で検討していきます。
※参考:佐内信之「新しい授業レポートの誕生 『あすの授業』を中心に」『授業づくりネットワーク』2007年3月号

『授業づくりネットワーク』2011年2月号
体育(小5)/小山弘一 体育館の「舞台」から転げ落ちよ!〜「頭はね跳び」の導入〜

「授業のへそ」を引用します。

 跳び箱運動「頭はね跳び」はカッコイイ。児童の憧れの技。しかし、怖い。
 でも大丈夫。恐怖心を和らげる「安全マット」と体育館の「舞台」があれば、練習効果が一気に高まり、できる子が続出する。

つまり、「安全マット」と「舞台」を使った場の設定が、この授業のヒットポイントと言えそうです。

それでは、このヒットポイントを活かすために、教師はどのような指示・発問を行っているでしょうか。残念ながら、小山さんの原稿には枠囲みがされていませんので、ポイントとなる箇所を探していきましょう。

体育館の「舞台」に「安全マット」の場を設定した図が示された後、次のやり取りが記述されています。

『今日は憧れの「頭はね跳び」にチャレンジしてみましょう』
「えー。やだー。怖そう」
『大丈夫です。ここで練習をして「体の反り」がどういうものかがわかれば誰にでもできます』

「ここ」というのが「舞台」と「安全マット」です。「舞台」から転げ落ちても、「安全マット」があるから大丈夫ということをアピールするためには、この二つ目を中心に枠囲みすべきでしょう。

次のポイントは「体の反り」についてです。「舞台」と「安全マット」により、自然に「体の反り方を体得」できた子どもたちに、次の場を示します。跳び箱の周りにマットを巻いた場が図示されています。この場については、次のように説明されています

 ここで大事なことは、髪の毛の生え際を跳び箱上のマットにしっかりつけて回転に入ることである。そして、体が前方に少し傾きかけたときに体を反らすことを伝える。早く反りに入ると垂直に落ちてしまうので危険だという注意もする。

このような説明の文を、ぜひ、教師による指示の言葉として、枠囲みしてほしかったところです。

同様に、次の最後の場も、枠囲みが欲しいところです。

 この時間の最後は、跳び箱を横にした場所での「頭はね跳び」。教師は補助できる場所に立つ。
 児童は難なく跳んでいく。

補助に立った教師は、子どもたちに何も指示しなかったのでしょうか。「体の反り」を意識させるような声かけは無かったのでしょうか。何らかのポイントがあるように思えるのですが……。

本実践には、第一・第二・第三という三つのステージがあります。三つの場を設けたからには、それぞれに何らかのポイントがあるはずです。そのポイントを、ぜひ、枠囲みで明示してもらいたいところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

現在の絶滅数は? [雑誌]

私が編集に関わっている学事出版雑誌『授業づくりネットワーク』「あすの授業」コーナーの原稿を、私なりの視点で検討していきます。
※参考:佐内信之「新しい授業レポートの誕生 『あすの授業』を中心に」『授業づくりネットワーク』2007年3月号

『授業づくりネットワーク』2011年2月号
理科(小6)/川本敦 現在の絶滅数は?

「授業の流れ」を確認するために、見出しのみを引用します。

1 ルールを説明する
2 生き物名前リレーをする
3 地球に生息する生き物の種類数を予想しよう
4 1年間に絶滅している生き物は何種類か考える

このうち、本実践の中心となるのは、タイトルにもある通り、4です。そこで、枠囲みを見てみましょう。

 もう1つクイズです。先ほど学習した3000万種の生き物ですが、約6500万年前には1年間に0.001種類、400年前には0.25種類、100年前は1種類絶滅していたと言われています。さて現在は1年間に約何種類の生き物が絶滅していると言われているでしょう。

子どもたちからは「2種類・5種類・10種類・100種類」という答えが出たそうですが、正解は「約4万種類」です。そのような落差が出たのは、その前のクイズが影響しているようです。

「地球に生息する生き物の種類数」を「1億種類」「10億種類」などと予想していたにもかかわらず、正解は「現在確認できているもので140万種」「現在確認できていないものを含めると3000万種類」でした。「意外と少ない」結果だったために、絶滅数も少なく見積もったようです。

さらに、クイズの前に行ったゲームの影響もありそうです。ルールの枠囲みを引用してみましょう。

 今から「生き物名前リレー」というゲームをします。
手順は次の通りです。
(1)4人1チーム。
(2)先生がテーマを言う。
(3)スタートの合図で一人ずつ紙にテーマの生き物を書く。
(4)書いたら次の人に紙を渡す。
(5)3分間でたくさんの生き物を書いたチームが勝ち。
(6)パスはチームで3回まで。答えを教えたら反則。

「陸にすむ動物」「植物」「虫」などのテーマで繰り返し、ゲーム終了後には、他の班が書いた「生き物でいっぱい」になった紙を見に行かせています。ですから、子どもたちは、たくさんの生き物の名前を書いたり見たりしているわけです。

けれども、それらを全部あわせても、せいぜい数百種類に過ぎないでしょう。仮に、子どもたちが知っている生き物すべてをリストアップしたとしても、1000種類に達するのは難しいのではないでしょうか。

そんな状態で「現在は1年間に約4万種類もの生き物が絶滅している」と知ったので、子どもたちは「ええー!!」と驚きの声を上げたのだと思われます。

最後の絶滅数を問うクイズに至るまでに、川本さんは周到な準備を行っている様子がうかがえます。導入のクイズをきっかけにして何らか活動に入る実践はよく見かけますが、今回のように逆のパターンは珍しいです。活動中心と発問中心の授業をハイブリッドさせるパターンとして、気にかけておきたい実践です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

線対称の模様を作ろう [雑誌]

私が編集に関わっている学事出版雑誌『授業づくりネットワーク』「あすの授業」コーナーの原稿を、私なりの視点で検討していきます。
※参考:佐内信之「新しい授業レポートの誕生 『あすの授業』を中心に」『授業づくりネットワーク』2007年3月号

『授業づくりネットワーク』2011年2月号
算数(小6)/平嶋大 線対称の模様を作ろう

「授業のへそ」を引用します。

 「線対称」の性質がもつおもしろさや不思議さ、美しさを味わうために、模様作りの算数的活動を行う。
 導入の切り絵クイズが、「線対称」についての理解を助け、模様作りへのヤル気を引き出す。

一読して分かるように、この授業のヒットポイントは「導入の切り絵クイズ」のようです。そこで、導入部分を見ていきましょう。

 何ができるかわかるかな?

色画用紙を半分に折って、ゆっくりとはさみで切り始める。
「わかった!うさぎでしょ!」
『ピンポーン!正解です!』
 切り取った後、パッと開いてうさぎの顔になることを見せる。
「すごーい!」「本当だぁ!」
 感心する声が上がる。続けて2問目はハート。これもすぐに正解にたどり着いた。最後は写真のように、抽象的な形に切る。
果物?」「虫かなぁ?」
 十分に惹きつけてそっと開く。
「うわぁ、何か不思議な形!」
「ちょっと怖い感じがする」
『実は、正解はないんだけど、色々な形に見えて面白いね』
 ここで、3つの形を指しながら、「線対称」について説明する。

2つに折った時、折り目の両側がぴったりと重なる形を線対称な形といいます。

3問目については、半分に折った切り絵と開いた切り絵の写真も示されていますが、それらの写真がなくても、授業の様子が活き活きと伝わってきます。それは、平嶋さんの描写の手法がすぐれているからだと思われます。そのよさを2点、具体的に指摘してみましょう。

1点目は会話表現です。子どもの会話「  」と教師の会話『  』がテンポよく示されています。特に「!」の記号が多用されていて、子どもたちが惹きつけられていく様子が、よく分かります。また、一転して「?」が出てくることで、子どもたちに思考が促されている様子がうかがえます。この後の「模様作り」の活動の中で、「抽象的な美しさや不思議さを持つ作品」を取り上げる布石になっていると思われます。

2点目はオノマトペです。画用紙を「ゆっくりと」はさみで切りながら子どもたちを惹きつけ、正解発表では「パッと」開いています。これは「うさぎの顔」のように「具体物が持つ線対称のおもしろさを生かした作品」を、子どもたちに印象づける効果があると思われます。反対に、3問目の「抽象的な形」では、子どもたちを惹きつけた上で「そっと」開いています。

「!」と「?」、「パッと」と「そっと」、この対照的なオノマトペの表現に、本実践における平嶋さんの「しかけ」が現れているように思えます。つまり、本実践の中心となる「線対称の模様を作ろう」という算数的活動において、「具体物が持つ線対称のおもしろさを生かした作品」とともに「抽象的な美しさや不思議さを持つ作品」も取り上げたいという、平嶋さんの考えがうかがえます。

以上を踏まえながら、改めて「授業のへそ」を読み返してみましょう。そうすると「『線対称』の性質がもつおもしろさや不思議さ、美しさ」という表現からは、平嶋さんの明確な意図が伝わってきます。会話やオノマトペなどは些細なことのように思えますが、その些細な表現が積み重なって、実践全体を支えているのです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

模擬選挙をしよう! [雑誌]

私が編集に関わっている学事出版雑誌『授業づくりネットワーク』「あすの授業」コーナーの原稿を、私なりの視点で検討していきます。
※参考:佐内信之「新しい授業レポートの誕生 『あすの授業』を中心に」『授業づくりネットワーク』2007年3月号

『授業づくりネットワーク』2011年2月号
社会(小6)/中雄紀之 模擬選挙をしよう!

模擬選挙の進め方が、次のように枠囲みされています。

(1)今、国民が困っていることを学級で出し合う。
(2)二名の候補者の演説を聞く。
(3)教室を歩き回ってだれに投票するかを意見交換する。
(4)投票後、感想を書く。

投票の手がかりとなる「二名の候補者の演説」が重要です。この「演説原稿」は「先生が用意したものを読む」ことになっています。どのような原稿が用意されたのかを見てみましょう。

A候補者…新入社員を採用した企業に補助金をだす。
理由…今、大学生の半分近くの人が就職できません。不景気のせいで、企業が人を雇う資金がないからです。私が当選したら、新入社員一人当たり10万円の補助金を出す政策を実行します。これで確実に失業者が減ります。
B候補者…環境に関する研究に国が補助金を出し、開発した技術を外国に売って、景気回復につなげる対策。(原稿略)

B候補者の原稿が省略されているのが残念です。AもBも「補助金」を出すことに変わりはありません。Aは短期的、Bは長期的な視点で補助金を使うようです。この違いが、原稿の上では、どのように示されているのかを比較したいところです。

同様に、枠囲み(3)の部分についても、以下の「A候補者に対して」の反応だけでなく、「B候補者に対して」の反応も示しておきたいです。

「Aの対策は失業者が減って、とてもいいよね」
「だけど、お金はどこから出るのかな」
「税金じゃないかな」
「税金が上がるということかな」
「消費税が上がるのでは」

財源については、AもBも同じ問題を抱えています。AとBを比較するならば、その効果についての意見交換が重要になるはずです。候補者は二人しかいないのですから、両方の演説原稿を示した上で、それに対する子どもたちの反応が知りたいものです。

もし、紙幅が足りなかったのであれば、優先順位の低い情報を省略するしかないでしょう。たとえば、先の枠囲み(1)の部分は、この活動の導入ですが、「不景気」問題を取り上げることは、授業が始まる以前に教師が決めていたようです。そうであれば、この部分を大幅にカットして、その分をB候補者の記述にあてた方が良さそうです。

プロフィールによると、中雄さんは「コミュニケーションによって学び合いが成立する学級づくり」を目指しているそうです。それを今回の原稿に当てはめるならば、A候補者とB候補者の演説原稿(および、それぞれの演説に対する反応)は、学び合いが成立したかどうかを検証するためには必須の情報だと思われます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

万葉仮名・変体仮名クイズ [雑誌]

私が編集に関わっている学事出版雑誌『授業づくりネットワーク』「あすの授業」コーナーの原稿を、私なりの視点で検討していきます。
※参考:佐内信之「新しい授業レポートの誕生 『あすの授業』を中心に」『授業づくりネットワーク』2007年3月号

『授業づくりネットワーク』2011年2月号
国語(小6)/藤原友和 万葉仮名・変体仮名クイズ

「授業のへそ」を引用します。

 「自分の好きな○○」をテーマに、万葉仮名→変体仮名→ひらがなの順でヒントを出しながらクイズを行う。楽しみながら日本語の文字への興味・関心を高めることができる。

シンプルですが、楽しそうな実践です。具体的には、どのように展開しているのか、見出しと枠囲みを見ていきましょう。

1 なんと読むでしょう?

止良衣毛尤
(変体仮名)
どらえもん

教師によるクイズです。「先生が子どもの頃に好きだったテレビアニメ」というテーマを発表した後に、3枚のフリップを示しています。ここに(変体仮名)は示せませんが、この文字を見れば、誰でも正解が分かるようになっています。

2 仮名クイズをつくろう!

(1)「自分の好きな○○」を決める。
(2)関連する語を万葉仮名で書く。
(3)別紙に変体仮名で書く。
(4)別紙に平仮名で書く。
(5)(2)〜(4)の順に紙を重ねる。

於寸之
加尤奈於止
也幾由宇
久礼与尤 之尤知也尤

クイズの作り方と作品例が枠囲みで示されています。けれども、わざわざ枠囲みにしなくても、簡潔に説明できそうな内容です。

3 ペアでクイズを出し合おう!

(1)ジャンケンで先・後を決める。
(2)自分のテーマを言い、出題する。
(3)五秒以内に正解できなかったら一枚めくってヒントを出す。
(4)正解できたらサインをもらう。
(5)役割を交代してくり返す。

この部分については、先の教師によるクイズで描写されていますので、枠囲みの必要性は低いかもしれません。「ジャンケン」「五秒」「サイン」などの細かいルールは初めて出てきますが、それほど優先順位が高い内容ではなさそうです。

つまり、藤原さんは各項目で枠囲みしているのですが、部分的な手順にばかり、とらわれていて、肝心の実践全体に関わる「しかけ」が記述できていないように思われます。たとえば、次の部分です。

 『それでは、イスとフリップを持って二重の円を作って下さい。向かい合った人が今回のペアです』ペアでクイズを出し合った後に、円の外側に座っている子どもが時計回りに一つ隣のイスに移る。

 一周した後、立ち歩きOKにして制限時間内(五分)になるべく多くの友だちとクイズを出し合うようにした。

つまり、授業全体は次の構成になっているようです。

(1)先生のクイズに挑戦する。【全体】
(2)それぞれがクイズを作る。【個人】
(3)二重円を作って相手を変えながら、クイズを出し合う。【ペア】
(4)立ち歩きながら、残り半分の友達とクイズを出し合う。【全体】

このような構成こそ、枠囲みすべき「しかけ」のはずです。【全体】→【個人】→【ペア】→【全体】という構成がしっかりしているからこそ、最後の「立ち歩きOK」の場面でも、スムーズな活動ができたのではないでしょうか。

この構成を枠囲みした上で、時間の配分やクラスの人数など、数値の情報を明らかにすれば、読者が追試するときの再現可能性が高まるのではないかと思われます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

『授業づくりネットワーク』2011年2月号 [雑誌]

私が編集に関わっている学事出版雑誌『授業づくりネットワーク』の紹介です。「あすの授業」コーナーなど、いくつかの原稿については、私なりの視点で評価していきます。あわせて、ご覧ください。
※参考:佐内信之「新しい授業レポートの誕生 『あすの授業』を中心に」『授業づくりネットワーク』2007年3月号

『授業づくりネットワーク』


特集:ドラマによる学びの可能性
コミュニケーション力を引き出すドラマとは?〜蓮行氏に聞く〜/上條晴夫
教育方法としてのドラマ技法/渡部淳
国語の授業に活かすドラマの活動/渡辺貴裕
演劇ワークショップ・インプロ運営法/絹川友梨
イギリス・ドラマ教育の歴史から学ぶ/小林由利子

第2特集:自学力を育てるコツ
学級の文化活動としての自学を/岩下修
活用力を育てる自学のコツ/蔵満逸司
子供同士の学び合いでコミュニケーション自学をつくる/菊池省三
一人一人の意欲を引き出す“学力別「自学」アプローチ”/星彰
“基礎的な学力を、自分の判断で学ぶ”/小林浩一

【たのしい実践】
ハイタッチ健康観察(学級活動・小3)/中嶋卓朗
お札で学ぶ明治維新(社会・小6)/兒島 強
ロシアン水溶液(理科・小6)/飯村友和

連載
やさしい学級担任論/池田修 いじめ問題への指導
学級づくりのネタ&コツ/中條佳記 学級づくりが楽しくなるネタ&コツ〜2月編〜
教師のためのICT活用術/蔵満逸司 大型テレビ・電子黒板の活用法(3)
教師のためのやさしい授業研究入門/藤原顕 授業研究と校内研修(1)
特別支援教育おすすめ教材・教具と指導のアイデア/上原淑枝
教室がなごむお笑いのネタ/佐々木潤
オイカワヒロコの保健室日誌/及川比呂子

【あすの授業】(2月)
国語(小6)/藤原友和 万葉仮名・変体仮名クイズ
社会(小6)/中雄紀之 模擬選挙をしよう!
算数(小6)/平嶋大 線対称の模様を作ろう
理科(小6)/川本敦 現在の絶滅数は?
体育(小5)/小山弘一 体育館の「舞台」から転げ落ちよ!〜「頭はね跳び」の導入〜
学級活動(小4)/片野靖久 残り3ヶ月!大切にしたいことは

編集部に届いた本
掲示板
次号予告・編集後記
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。