So-net無料ブログ作成
あすの授業 ブログトップ
前の10件 | -

さがせ! さかなの好きなエサ [あすの授業]

『あすの授業アイデア50 小学校1・2年全教科』(学事出版)に掲載されている授業です。タイトルの詳細は次の通りです。

生活科〔磁石〕さがせ! さかなの好きなエサ/佐久間順子

「授業のへそ」を引用します。

 画用紙で作った魚の目にフェライト磁石をくっつける。そして、鉄・アルミ・紙・ゴムなどをエサとしてさかなつりをする。こうすると、つり竿の糸の先に磁石をくっつけ、鉄片をつけた魚をつる方法よりずっとおもしろい。
 子どもは本物さながらに、つりの醍醐味を味わうことができる。つれないエサは取りかえてみる。エサをつけかえながら、磁石につくものとつかないものに分けていく。(1年)

よくある魚つり遊びですが、「鉄・アルミ・紙・ゴムなどをエサ」とするところがユニークです。「つり竿(細竹80DM、たこ糸70CMの先に洗たくばさみ1をつけたもの)」を用意するので、子どもたちは、さまざま「エサ」を試せるしかけになっています。

この遊びの面白さは、次の教師と子どものやり取りに現れています。

 このつり堀のさかなたちが好きなエサは何でしたか? 先生に教えてください。

 子どもから、口ぐちに答が返ってくる。
「紙ばさみと安全ピンとクリップだったよ」
「アルミ箔は光っているから釣れると思ったけど、ぜんぜん釣れてこなかった」
「紙は釣れないってこと、始めから、わかってたよ! でも、やってみた」
「ゴムは、マグシートと似てるから、つくと思ったけど、ダメだった」
「先生、クリップには3匹も、くっついてきたよ」
「磁石って、かなものがつくんだよ」
「ちがうよ、鉄がつくんだぞ」

「伝言板」によると、このアイデアは「『やさしくて本質的な理科実験2』高橋金三郎・若生克雄共編、評論社、1976年を参考にした」そうです。もう30年以上も前の本ですが、昔の教材開発が今でも参考になることが、よく分かります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

わあ 生きてる! アゲハのブローチだ [あすの授業]

『あすの授業アイデア50 小学校1・2年全教科』(学事出版)に掲載されている授業です。タイトルの詳細は次の通りです。

生活科〔生き物〕わあ 生きてる! アゲハのブローチだ/池田和夫

「授業のへそ」を引用します。

 学年の終わりが近づくと、教室内の整理整とんを手がける。そんなとき、やっかいなのが飼育していた虫などである。
「池田先生、むし、すきでしょ。アゲハのさなぎがあるんだけど……。」
 さっそく、家に持ち帰る。部屋の中はずいぶん暖かったのだろう。春休み中に羽化し、成虫になってしまった。
 羽化する瞬間を子どもたちと見たいと思っていた計画はだいなし。ともかくハチミツをあたえて育てた。
 ところが、思わぬ発見。外はまだ寒く、日中でもアゲハは飛べないのである。私の指やセーターにとまり、はねを少し動かす程度。
 よし、これだ! 春一番の授業。

本物のアゲハという教材があればこその授業です。「伝言板」にもある通り、「この授業は、偶然入手したアゲハのさなぎが素材」です。本物が見つかれば言うことなしですが、そうでなければ、写真などの教材を活用することになるでしょう。

その場合、この原稿に書いてある「どんな学校にも、ミカン、サンショ」などにアゲハがいるという情報や、「発見したら、枝ごと収集し教室に持ち込む」というアイデアが参考になりそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

吉四六パズルに挑戦! [あすの授業]

『あすの授業アイデア50 小学校1・2年全教科』(学事出版)に掲載されている授業です。タイトルの詳細は次の通りです。

算数〔図形〕吉四六パズルに挑戦!/田中博史

「授業のへそ」を引用します。

 子どもたちが喜んでやる色板パズルを紹介する。
 名前を吉四六パズルという。下図の4枚のピースを使っていろいろな形をつくっていくあそびだ。
 (全学年実践可能。ここでは1年生の実践を紹介する。)

「4枚のピース」は三角形・台形などが組み合わさっています。ここでは長方形の形が示されていますが、それらを組み替えると、いろいろな形になります。授業ではウマの形を子どもたちに見せながら、次の指示・発問を行っています。

 この4つのカードをくみあわせると、いろいろな形を作ることができます。
 今日は、みんなに、いろいろな形づくりに挑戦してもらいます。

 みんな上手だな。では、こんどは先生が、黒板にかく形を作ってみてください。できるかなー。

パズルそのものに表現的な活動を促す要素が含まれています。そのため、最初に教師が例示するだけで、子どもたちは自分で工夫しながら活動に取り組めるでしょう。本実践以外にも、さまざまなパズルがあります。効果的に授業に取り入れたい教具です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

さわって当てよう どんな形? [あすの授業]

『あすの授業アイデア50 小学校1・2年全教科』(学事出版)に掲載されている授業です。タイトルの詳細は次の通りです。

算数〔図形〕さわって当てよう どんな形?/塩谷賢司

「授業のへそ」を引用します。

 箱の中に入っているものを手でさわって当てる。楽しいゲームになる。
 このゲームを2年生の算数の授業に取り入れてみる。さわって当てるものは、三角形、四角形、食パン型の図形とする。
 ゲームの中で、子どもたちは、三つの形を区別するために、辺、頂点及びそれらの数を意識することになる。
 楽しみながら、図形の特徴を実感できるのである。

「ゲームを2年生の算数の授業に取り入れ」たところに、本実践の特徴が現れているように思えます。それは、以下の発問・説明・指示にもうかがえます。

 この穴の中から手を入れて、先生が言う形を、触わるだけで箱の中から取り出せますか。

 あなたが選んだ形は、どこでそれと分かりましたか?

 とんがっているところを頂点、まっすぐになっているところを辺と言います。

 板書をノートに写して(  )の中に頂点と辺の数を書き込みなさい。

「辺、頂点及びそれらの数」の導入として、このゲームを「取り入れ」たわけです。最初は楽しく始まっていますが、授業が進むにしたがって「説明」「指示」が増えてくるため、雰囲気が重くなる心配があります。「ゲーム」が逆効果にならないように注意する必要がありそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

5−2=5……え〜!? [あすの授業]

『あすの授業アイデア50 小学校1・2年全教科』(学事出版)に掲載されている授業です。タイトルの詳細は次の通りです。

算数〔ひき算〕5−2=5……え〜!?/田中博史

「授業のへそ」を引用します。

 「式の意味やはたらきの理解を深める」という項目が新指導要領のキーポイントにあがっている。
 式の意味にについて考えることを1年生の段階から大切にしていきたいと思う。
 本実践では、ひき算の場面を具体的な絵で提示して、その結果の場面から立式するという流れを仕組んだ。ひき算では、結果の場面に、ひかれる数が見えなくなってしまっていることが多い。そのため、文で提示された問題の時には、起こらないような式の間違いが起こる。
 この点を授業の中でしっかりと話し合わせることで、ひき算の式の意味を子ども達に深く浸透させていこうとした。(1年)

この中でポイントとなるのは「ひき算の場面を具体的な絵で提示」の部分でしょう。「結果の場面」だけの絵を見ると、間違いが起こるというのです。具体的には、7個のりんごを2個食べたとき、残った5個に気を取られて「5ー2=5」という式を立ててしまいます。

この問題を解決するために「3コママンガ」で場面のうつりかわりを説明しています。次の通りです。

「はじめに7こりんごがありました。」
「A子ちゃんが2こたべました。」
「すると、5こりんごが、のこりました。」

これを絵と一緒に考えさせると、「7−2=5」となるのです。「3(4)コママンガ」「紙芝居」など、視覚に訴える教材は効果的と言えるでしょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

かけ算神経衰弱 [あすの授業]

『あすの授業アイデア50 小学校1・2年全教科』(学事出版)に掲載されている授業です。タイトルの詳細は次の通りです。

算数〔かけ算〕かけ算神経衰弱/

「授業のへそ」を引用します。

 子どもたちは、トランプの神経衰弱に熱中する。これは、だれもがカードを取れるチャンスがあるからだ。この遊びを、かけ算九九の練習に取り入れてみた。楽しみながら、九九が定着することまちがいなしである。

子どもたちに馴染みのある神経衰弱を応用したゲームです。「6×8」と「48」のような組み合わせのときにカードが取れるルールです。トランプと違って、「式どうし、答どうしをめくらないように区別するために裏の模様を変えてある」カードを用意するのが工夫点です。

この「かけ算神経衰弱」の効果が次のようにまとめられています。

(1)かけ算の習熟度に関係なく勝敗が決まるので、全員にやる気が出る。
(2)開いていくのが、アトランダムなので、九九の順に関係なく楽しく覚えることができる。

(1)(2)に共通するのは「運」と言えるでしょうか。「勝負は時の運」と言える要素があると、ゲームを楽しめそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

さあ、宝さがしに出発だ!! [あすの授業]

『あすの授業アイデア50 小学校1・2年全教科』(学事出版)に掲載されている授業です。タイトルの詳細は次の通りです。

算数〔座標〕さあ、宝さがしに出発だ!!/芝京

「授業のへそ」を引用します。

——ある日の授業のこと、ある探検家から、宝の地図が送られてきた。学級のみんなは、その地図をもとに宝さがしに出発することにした。——
 こういう設定で、地図上のマークの位置を表していき、座標の味方・表し方を2年生に指導できないかと工夫してみた。

全部で3枚の宝の地図が提示されています。それぞれの地図について、次のように説明されています。

『みんな探検家って知ってる? きょう、先生の知り合いの探検家から、こんな手紙と地図が届きました。』
 こうして、おもむろに模造紙を書いた地図を取り出して黒板にはる。道には図のように、それぞれちがった色をつけておく。

 ここでは、たての道を赤色、よこの道を緑色にした。宝の位置は赤色の道と緑色の道の交点上にあるが、赤色の道と緑色の道の交点はたくさんある。

 こんどは道に色をつけていない。しかし、これまでの応用で子どもたちは。「道に番号をつけよう」などと話し合ってくる。そして、「たて3本目の道と、よこ2本目の道のあわさったところだ」と解答の声があがった。

この三つの記述を見ても分かる通り、宝の地図の色を、少しずつ減らしていったところが教材上のポイントのようです。「宝さがし」という子どもの関心を引くテーマですが、指導のポイントを押さえた教材づくりが行われている実践です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

NODA版・遊びのアイデア集 [あすの授業]

『あすの授業アイデア50 小学校1・2年全教科』(学事出版)に掲載されている授業です。タイトルの詳細は次の通りです。

あそび NODA版・遊びのアイデア集/野田芳朗

「授業のへそ」ではありませんが、この実践のポイントが冒頭に示されているので引用します。

 新年度は、教育のお正月。
 子どもたちに楽しい遊びをたっぷりと!
 きっと、素敵な出会いになること間違いなし。
 そこで、今回は、指導者が知っていると役立つ遊び指導の情報をお送りします。

「アイデア集」というタイトル通り、さまざまな遊びが紹介されています。枠囲みで示された教具と、それを使った遊びを引用してみます。

 紙テープは魔法の道具!
 →しっぽ取りゲーム

 機能付腕時計をしよう!
 →30秒(1分)あてゲーム
  寿限無

 遊びにBGMを!
 →ドッジボール

 合図はかけ声で!
 →開戦ドン!

 布ドッジボールは魅力満点!
 →サッカー

 公認! まくら投げ
 →メチャぶつけ

このような遊びを子どもたちは楽しみます。けれども、リーダー(教師)が場やルールを設定するので、安全面などをコントロールできます。子どもと教師、それぞれにメリットがあるため、新年度の学級づくりには盛んに遊びが取り入れられるのかもしれません。

ところで、「伝言板」にも紹介されているように、野田さんには『クラスづくりに役立つ遊び・ゲーム』(明治図書)という著書もあるので、参考になります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

汗びっしょり 教室を紙クズ島にしよう! [あすの授業]

『あすの授業アイデア50 小学校1・2年全教科』(学事出版)に掲載されている授業です。タイトルの詳細は次の通りです。

あそび 汗びっしょり 教室を紙クズ島にしよう!/野田芳朗

「授業のへそ」ではありませんが、この実践のポイントが冒頭に示されているので引用します。

 ご存じ、新聞紙を使った遊びだ。
 基本型は破いてかけあうだけ。バリエーションは自由自在。
 一年中、遊べる。しかも45分間、ドラマっぽくやることができる。

この言葉通り、新聞紙を「破いてかけあうだけ」の遊びです。それを「ドラマっぽく」やるところがポイントでしょう。たとえば、「かけあっちゃおう!」の場面では、次のように「場所や季節」を設定する言葉かけの例が提示されています。

《バリエーション1》
『ここは、紙クズ島(夢の島)です。さあ、みんなで紙クズをかけあおう!』
《バリエーション2》
『今は秋です。風が吹いて、葉っぱがたくさん散りました。さあ、みんなで枯れ葉のかけっこの始まり!』
《バリエーション3》
『冬です。昨日から雪が降って、一面の銀世界です。さあ、雪合戦の開始!』
《バリエーション4》
『今日は二月三日。節分です。みんなで、豆まきをしよう! オニはー外! フクはー内!』

このような発問の工夫があれば、ただの新聞紙も立派な教材に変身してしまうのが面白いです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

声あてゲーム 我が子はどの子! [あすの授業]

『あすの授業アイデア50 小学校1・2年全教科』(学事出版)に掲載されている授業です。タイトルの詳細は次の通りです。

あそび 声あてゲーム 我が子はどの子!/西尾亮

「授業のへそ」ではありませんが、この実践のポイントが冒頭に示されているので引用します。

「お母さん、僕の声も分からないの?」
「ごめん、ごめんね!」
 こんな声が笑いとともに飛び交うこの請け合いのゲーム。いつも同じような内容でマンネリの、学級親子レクリエーションに最適のゲームである。

次のような手順が説明されています。

(1)児童を8〜10名のグループにして、体育館ステージに立たせる。(一列横隊で70cmほど間隔をあけさせて)客席に向かわせて立たせる。グループは男女別。
(2)そのグループの児童の母親に、ステージの下に立ってもらう。この時、我が子の立っている所のすぐ下に立ってもらう。
(3)ここまで準備を終えたら、ステージの幕を閉じる。
(4)次に、ステージ上の児童の立つ順番を大幅に変える。母親には、『子どもたちの並び方は、大きく変わっています』と説明する。
(5)児童一人ひとり順番に、メガホンを口にさせながら、「おかあさん!」と叫ばせる。この時に、ワイヤレスマイクがあったら、使ったほうが声が通ってよい。(担任が、『一番の子、どうぞ、はい!』と合図してから叫ばせると、次の子との区切りになってよい。こうして十人の子に順番に次々に叫ばせる。)

その後、母親が自分の子を当てるというゲームです。「メガホンを通すと、声のトーンがかなり変わるので、親子とはいえども思ったよりもずっと正解は少ない」そうです。よくある「声あてゲーム」ですが、「メガホン」のようなアイデアを組み合わせると、さらに盛り上がりそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
前の10件 | - あすの授業 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。